スポンサーリンク

月姫 -A piece of blue glass moon- 攻略日記25~【シエルルート】DAY14「果てずの石」~。

今回は、「シエルルート」のDAY14「果てずの石」のストーリーを進めてみましたまずは、12時間以上も眠っていた「遠野志貴」は深夜0時過ぎに目を覚ますと、南口の公園へ行って「アルクェイド・ブリュンスタッド」から下僕になれば「ミハイル・ロア・バルダムヨォン」の浸食を止めてあげると言われましたしかし、「遠野志貴」は断って眼鏡を外してナイフで「アルクェイド・ブリュンスタッド」と戦いましたが、彼女に追い詰められてもっと一緒に過ごしたいと言われましたが選択肢で「アルクェイドには従えない」を選択しましたすると、「アルクェイド・ブリュンスタッド」の首筋に死の線が現れたので「遠野志貴」がナイフで切断すると、彼女が倒れ込んだ石畳の上に赤い血が広がっていきましたそして、「アルクェイド・ブリュンスタッド」は『待っていて、すぐに殺してあげるから……!』と言いながら、何度も立ち上がろうとして滑って倒れてを繰り返していましたそれを見て、命が惜しければ逃げるべきだと「遠野志貴」は感じていましたが足が動なくなっていたところ、「シエル」が現れて彼の腕を掴んで高校の校舎まで走っていきましたそれから、「アルクェイド・ブリュンスタッド」が現れて「シエル」が何度も殺害されて元に戻る場面を見せられましたが、「遠野志貴」が校庭の真ん中にある巨大な死の線にナイフで刺す事で「アルクェイド・ブリュンスタッド」の身体に死の線が現れました

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました