スポンサーリンク

月姫 -A piece of blue glass moon- 攻略日記14~【アルクェイドルート】DAY13「月世界」~。

今回は、「アルクェイドルート」のDAY13「月世界」のストーリーを進めてみましたまずは、「遠野志貴」は屋敷の自分の部屋のベッドで目を覚ましましたが身体は指一本動かなくて、胸に刺さったナイフは抜かれて包帯が巻かれていましたそして、枕元に座って看病していたらしい「遠野秋葉」から大体の事情は「シエル」達から聞き、彼女達には客間を与えた事を聞きましたそれから、「遠野秋葉」から遠野家には人間以外の血が混ざっていて7年前に森の広場で「遠野志貴」が反転した「遠野四季」に殺害された事故が起こり、遠野家当主には反転した一族を処理する義務があるので息の根を止め、「遠野志貴」は一命を取り止めたので事故に巻き込まれたと偽証して病院に運ばれた事を聞きました更に、「遠野志貴」が養子なので当主になる事は出来ませんが遠野家の長男を失う事は出来なかったので、「遠野槙久」は「遠野志貴」を実子として扱って反転した「遠野四季」を養子として扱う事にし、「遠野志貴」を有間家に預けたという話を聞きましたその後、「遠野秋葉」と入れ違いに「シエル」が部屋へ入ってきて出掛けようとした「遠野志貴」は止められ、どうして「アルクェイド」にこだわるのか問われて一人だから放っておけないからだと答えると、窓の外から聞き耳を立てていた「アルクェイド」が立ち去って「ミハイル・ロア・バルダムヨォン」のところへ行ったのだろうと「シエル」は言いましたそし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました