スポンサーリンク

月姫 -A piece of blue glass moon- 攻略日記7~【アルクェイドルート】DAY6「蒼い咎跡」~。

今回は、「アルクェイドルート」のDAY6「蒼い咎跡」のストーリーを進めてみましたまずは、朝に部屋のベッドで目覚めた「遠野志貴」は日曜日で高校が休みな事に気付き、起こしにきた「翡翠」から昨夜は玄関口で寝ていたところを「琥珀」が発見して部屋まで運ばれた事を聞きましたそして、左脚を怪我している「遠野志貴」に「翡翠」が歩行器を渡し、それを使ってロビーへ行って選択肢で「素直に謝る」を選択しましたそんな訳で、居間で「遠野秋葉」に2日間の事情を説明する様に求められましたが素直に謝り、今後はこの様な事は控えて欲しいと「遠野秋葉」に釘を刺されましたまた、左脚を怪我している事を「遠野秋葉」に気付かれて朝食後に診察を受ける様に言われましたが、選択肢で「阿良句博士に看てもらう」を選択して「阿良句」に左脚を治療してもらいましたそして、「阿良句」から「遠野志貴」の身体は十年に一人の才能なくらい珍しいと言われましたが、「遠野秋葉」の身体は何年に一人の逸材か訊ねられて選択肢で「十年に一人、とか?」を選択しましたが、答えは万年に一人の逸材だという話でしたそれから、昼食後の午後にどう過ごすか考えましたが選択肢で「中庭を散歩してみよう」を選択し、中庭を散歩しましたが「アルクェイド」に会う事がなくなって未練を感じている事に気付きましたその後、部屋に戻ってぼんやりして食堂で夕食を食べて入浴し、勉強しようとしましたが「アルク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました