スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記9~【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-】第4話 ねじれた男と最後の挨拶~。

今回は、「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の「第4話 ねじれた男と最後の挨拶」を進めてみましたまずは、8日後に「成歩堂龍ノ介」「御琴羽寿沙都」は「ホテル・バンドール」のロビーで「国際科学捜査大討論会」に招待された「御琴羽悠仁」「慈獄政士郎」を出迎えましたそして、「フレスノ街」の「ヒュー・ブーン」が借りている部屋で「トバイアス・グレグソン」が殺害されて「バロック・バンジークス」が逮捕されたので弁護を引き受け、翌日に陪審員が選定されない非公開の「極秘裁判」で本人の強い希望で担当検事となった「亜双義一真」を相手に法廷で闘う事になりました「バロック・バンジークス」は、ある事件と関与している可能性があったので「トバイアス・グレグソン」の予定を前以て調べておいて「フレスノ街」の部屋へと辿り着いたらしいですが、そんな彼が薄暗い部屋の中へ入った直後に銃声が聞こえて「ゴシップ」「ビーナス」「サンドイッチ」がやってきた際に扉の傍に立てられていたついたてが倒れて「トバイアス・グレグソン」の遺体が発見されましたしかし、裁判を進めていく中で銃声は「ビーナス」の花火を部屋の中にある燭台に結び付けて真犯人が部屋を出ていった後に時間差で着火させた事が明らかになり、「トバイアス・グレグソン」は前日に殺害されていた可能性が浮上しましたが彼の「遺体解剖記録」の死亡推定時刻の欄は空白になっていましたそんな訳で、「ト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました