スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記8~【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-】第3話 未来科学と亡霊の帰還~。

今回は、「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の「第3話 未来科学と亡霊の帰還」を進めてみましたまずは、「成歩堂龍ノ介」が法廷に立てなくなって半年後に「倫敦高等法院」の「首席判事執務室」で「ハート・ヴォルテックス」から再び法廷に立つ事を許可されましたそんな訳で、「倫敦万国博覧会」で「超電気式瞬間移動」の公開実験の舞台にて「エライダ・メニンゲン」を殺害した被告人となった「ベンジャミン・ドビンボー」の弁護を引き受け、翌日に6人の陪審員と「死神」と呼ばれる担当検事で彼の大学時代の友人でもある「バロック・バンジークス」を相手に法廷で闘う事になりました殺人ではなく事故で「エライダ・メニンゲン」が死亡したと認められれば、「超電気式瞬間移動」の実験装置の論理が「科学技術保護条例」によって守られるので、最初は「ベンジャミン・ドビンボー」は「エライダ・メニンゲン」を殺害した事を認めているが事故であると主張していましたしかし、裁判を進めていく中で「エライダ・メニンゲン」と「イーノック・ドレッバー」が政府の研究補助金を目当てに「超電気式瞬間移動」を造っていた事が判明し、「ベンジャミン・ドビンボー」もそれを認めた時に「科学技術保護条例」の解除の手続きが行われましたが「イーノック・ドレッバー」の時限爆弾によって「超電気式瞬間移動」は爆破されて調べる事が出来なくなりましたそんな中、「超電気式瞬間移動」の実験

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました