スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記7~【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-】第2話 吾輩と霧の夜の回想~。

今回は、「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の「第2話 吾輩と霧の夜の回想」を進めてみましたまずは、4ヶ月前に「御琴羽寿沙都」が帰国してから弁護士として法廷に立つ事が出来なくなっている「成歩堂龍ノ介」は、「大日本帝国」にいる「御琴羽寿沙都」から届いた手紙をキッカケに「アイリス・ワトソン」と共に「下宿の幽霊事件」の記録を読み返す事となりました「下宿の幽霊事件」の発端は、「ブライヤーロード」で「ビリジアン・グリーン」が背中をナイフで刺された事件で「夏目漱石」が無罪となった5日後、「ジョン・ガリデブ」が大家をしている下宿で「ウィリアム・ペテンシー」が「猛毒≪ストリキニーネ≫」を盛られて死に掛けて事件当夜に一緒に紅茶を飲んでいた「夏目漱石」が被告人とされてしまいましたそんな訳で、「成歩堂龍ノ介」は「夏目漱石」から弁護を引き受けて欲しいと頼まれ、翌日に6人の陪審員と「死神」と呼ばれる担当検事である「バロック・バンジークス」を相手に法廷で闘う事になりましたそして、最初は事件当夜に「夏目漱石」が持ってきた紅茶に毒が混入しているのではないかと疑われていたのですが、「倫敦警視庁」が調べると毒性は認められなかったと「トバイアス・グレグソン」の証言で明らかになりましたそんな中、洋燈の瓦斯管に「猛毒≪ストリキニーネ≫」が塗られていた可能性が考えられましたが、裁判を進めていく中で「ウィリアム・ペテンシー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました