スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記6~【大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-】第1話 弁護少女の覚醒と冒險~。

今回は、「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の「第1話 弁護少女の覚醒と冒險」を進めてみましたまずは、「御琴羽寿沙都」が「大日本帝国」へ帰国して2ヶ月が経過した頃、誰も弁護を引き受ける者がいないという理由から一番の親友である「村雨葉織」の弁護を「成歩堂龍太郎」という男子学生を装って引き受ける事となり、担当検事である「亜内武土」を相手に法廷で闘う事になりました事件の発端は、「大英帝国」から「勇盟大学」へ派遣された留学生で「ジェゼール・ブレット」が、8ヶ月前に「ジョン・H・ワトソン」を殺害しましたが「領事裁判権」の発動によって上海へ移送する前日に海水浴へ行き、海水浴場の掘っ立て小屋で「ジェゼール・ブレット」の背中に小刀が刺さった状態で発見されて現場には他に「村雨葉織」しかいなかった事から彼女が被告人とされてしまいましたそして、「細川悟」「夏目漱石」も海水浴に同行していて事件の目撃者という事でしたが、彼等が目撃していたのは猛毒の症状が出ている「ジェゼール・ブレット」から「村雨葉織」が小刀を抜いている場面だという事が明らかになりました裁判を進めていく中で「豆籾平太」も事件現場にいた事が判明し、彼が堀っ立て小屋のよしずの隙間から小刀を「ジェゼール・ブレット」に差していた事実が判明しますまた、更に裁判を進めていく中で「豆籾平太」は猛毒を万年筆で吸い上げて盗んでおり、「村雨葉織」よりも前に堀

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました