スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記4~第4話 吾輩と霧の夜の冒險~。

今回は、「第4話 吾輩と霧の夜の冒險」を進めてみましたまずは、「成歩堂龍之介」は「大英帝国高等法務院」の「首席検事執務室」で「ハート・ヴォルテックス」から弁護士として認められ、「コゼニー・メグンダル」が昨日の裁判の直後に亡くなった事を聞き、また弁護を引き受ける弁護士がいないという事で新しい依頼に取り掛かって欲しいと頼まれましたしかし、弁護を引き受けるかどうか悩んでいた「成歩堂龍之介」ですが「倫敦警視庁刑事」の「ドバイアス・グレグソン」から依頼内容を聞き、「留置所」で被告人である「夏目漱石」と話し、「ホームズの部屋」で「アイリス・ワトソン」と話し、「夏目漱石の下宿」で「ジョン・ガリデブ」「ジョーン・ガリデブ」「シャーロック・ホームズ」と話して弁護を引き受ける事を決意しましたそして、翌日に6人の陪審員と「死神」と呼ばれる担当検事である「バロック・バンジークス」を相手に法廷で戦う事になりました事件内容は、3日前の午後5時に「ブライヤーロード」の歩道を歩いていた「ビリジアン・グリーン」が背後からナイフで刺されて意識不明となり、現場には3冊の古書を落として逃げ出した「夏目漱石」しかいなくて警察は彼を即座に逮捕したというものでしたしかも、現場から「夏目漱石」が逃げ出した瞬間を「倫敦警視庁巡査」の「パトリック・オマーリ」とその妻である「ローラ・オマーリ」が顔までしっかりと目撃していましたが、「ロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました