スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記3~第3話 疾走する密室の冒険~。

今回は、「第3話 疾走する密室の冒険」を進めてみましたまずは、「大英帝国」に到着した「成歩堂龍之介」「御琴羽寿沙都」は「大英帝国高等法務院」の「首席検事執務室」で「ハート・ヴォルテックス」に「亜双義一馬」の死を報告し、「成歩堂龍之介」が「特選弁護士」となる試験という事で誰も弁護を引き受ける者がいない裁判の弁護人を引き受ける事となり、6人の陪審員と「死神」と呼ばれる担当検事である「バロック・バンジークス」を相手に法廷で戦う事になりましたその裁判は、3日前の夜に「煉瓦職人」である「三度焼きのモルター」が走行中の「乗合馬車」の中で腹部をナイフで刺された死体となって発見されたというもので、証人である「ペッポ」「オスカー・フェアプレイ」「アダム・レディファスト」は隣に座っていた被告人である「コゼニー・メグンダル」がナイフで刺した瞬間を目撃したと証言しましたしかも、そんな被告人に極めて不利な状況から裁判が始まった事もあって開始直後に陪審員6人が全て有罪の評決を下して即裁判が終了しそうになりましたが、「成歩堂龍之介」が「最終弁論」を行って説得する事で裁判を続行させる事が出来ましたしかし、裁判を進めていくうちに「三度焼きのモルター」が刺された瞬間を目撃した者はいなかった事が判明し、更に裁判を進めていくうちに「ジーナ・レストレード」も馬車に乗っていた事が判明しましたそして、「ジーナ・レストレード」の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました