スポンサーリンク

大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟- 攻略日記1~第1話 大いなる旅立ちの冒険~。

本日から、「大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-」を始めてみましたそんな訳で、今回は「第1話 大いなる旅立ちの冒険」を進めてみましたまずは、3日前に「成歩堂龍之介」は「大英帝国」への留学が決まった「亜双義一馬」と「洋食堂≪ラ・クワントス≫」で食事をしていて、先に「亜双義一馬」が帰った直後に「勇盟大学」の教授「ジョン・H・ワトソン」が殺害されてその被告人にされてしまいましたそんな訳で、「亜双義一馬」が弁護人として法廷に立とうとしましたが当日に被告人である「成歩堂龍之介」が自ら弁護人を務める事となり、担当検事である「亜内武土」を相手に法廷で戦う事になりましたしかし、今回の裁判は被害者が英国人である事から「極秘裁判」に指定されていて一刻も早く解決する必要があり、証人である「細川悟」「渦久丸泰三」「園日暮山文」の全員が警察本部からの圧力により、現場に英国婦人である「ジェゼール・ブレット」がいた事実を隠していた事が裁判を進めていくうちに判明しましたそして、更に裁判が進んでいく中で「ジェゼール・ブレット」が「猛毒≪クラーレ≫」で「ジョン・H・ワトソン」を殺害した真犯人である事が判明しましたしかし、裁判が終わった後に「御琴羽悠仁」「細川悟」から「領事裁判権」の発動により、「ジェゼール・ブレット」は大日本帝国で裁かれる事はなく近いうちに上海へ渡るという話を聞きましたしかも、先に締結された

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました