スポンサーリンク

【パズドラ】運ゲー杯に手を出したが、あかんかった【ブログ・ランキングダンジョン】


目次
運ゲー杯に手を出したものの……
終わりに


運ゲー杯に手を出したものの……

ちまたにあふれはじめた、陣ポイゲーに手を出してみました。
ですが、運がそもそも無い人なので、陣ポイゲーは辛い。

やっぱり、王冠は果てしなく遠い……。
今回はこの辺が自分の実力(運を含め)だと納得して撤退です。


終わりに

今日はポーの一族という死ぬほど古い少女漫画を読んでいました。
自分が好きなミステリ作家が軽愛してやまない作家の最高傑作と名高い作品のため、一度は読んでおかねばと思い、読んだ次第です。
現代で言う所の、BL作品の先駆けになると思うのですが、誤解を招かずに書くとするならば、これは現代のBLとはまるで違う文脈で描かれた作品だなと感じました。
そもそも、BL作品をそんなに読んでいるわけでは無いのですが、それでも自分の知っている作品群とは全く別次元の物であることぐらいは素人でも分かります。
どちらかと言うと小説文化の耽溺に近いものを感じました。

この作品が発表されたのが1970年代という事で、自分が生まれるより前に既にこんなにハイコンテクストな作品が世の中に出回っていたということにただただ驚愕です。
自分が読んだのは、エディス編までなのですが、どうやら追加で春の夢、ユニコーン、秘密の花園と作品が連なっているみたいなので、そちらもどこかで手に入れて読んでみたい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました