スポンサーリンク

Chormebookに未来を見た話(まとめ)

携帯スマホゲーム
 Chormebookの記事第3弾です。 映像的に例えるならば、従来のPCというのは剣や槍や斧やハンマーや狩猟笛を全装備して戦いに挑むような設計になっていて   OSやセキュリティソフトの更新が続くたびに負荷が増えていくようになっていました。   (高いコンピュータでないとソフトが上手く機能しない) そのため、必然的にPCの筋肉とでも言うべきCPUやメモリ、HDDのハイスペック化が求められた・・・というより、筋肉ムキムキのマッチョマンが戦うことを前提に武器が作られていきました。 一言で言うならば、高スペックのマシンを使うことを前提にソフトもハードも設計されてきたというわけです。   (一般人が日々接する大半のPC作業は GoogleChromeがあれば実行できる) Chromebook(クロームブック)は高負荷を高性能で克服する従来の発想とは逆に、マシンにかかる負荷を減らすことで低性能でも動けるようにしたPCで、 装備可能な武器は拳銃(ブラウザソフト)のみですが、 無駄な装備がない分、購入費や維持費がグンと減り、 結果として実用的な機種を安価で入手することが可能になりました。   &n

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました