スポンサーリンク

ソシャゲ・タイムス(人間の機械化)中編

携帯スマホゲーム
 前回のつづき。  「人間の機械化」について前回の内容を踏まえながら話をすすめたいと思います。    まず、近代は時間が支配される時代であるということ。      収集イベントはその典型的な事例に当たるかと思います。      据え置きゲームにおいて時間制限という概念はありません。  いつ遊ぶか、何時間遊ぶか、どこまで進めるか、こういったものは全てプレイヤーが自由に決められることであり誰かに強制されることではないのですね。  風邪気味だったり、仕事で忙しい時は休むことが出来るし、それでこちらが不利益を被ることもない。  そして、ネトゲでもない限りどの家庭用ゲームもエンディングが必ず存在します。 ストーリーを進めていけば必ずエンディングを迎え完結する。 こういう特徴があるわけです。   それに対してソシャゲでは、イベントに参加できる期間は限られていて、こちらの都合で変更することが出来ません。  仕事で忙しかろうと、風邪で寝込んでいようと、走らなければアイテムはもらえない

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました