スポンサーリンク

Stadiaは2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す予定。

Googleは、同社が運営するクラウドゲームサービスのStadiaにて2020年内に120本以上のゲーム提供を目指す事を発表しました。また、「Orcs Must Die! 3」など幾つかの時限独占となるタイトルがある他に、今年の上半期だけでも10本以上が発売時に時限独占でプレイする事が出来る作品になるそうです。他にも、今後の三ヶ月の間にウェブにおける4Kゲームプレイの対応、ウェブプレイ時のアシスタント機能追加、Android対応端末の追加、ウェブでのStadiaコントローラーのワイヤレスゲームプレイに対応するといったサービス改善を順次ロールアウトしていく予定らしいです。意外と、GoogleはStadiaに力を入れようとしているのだという熱意は伝わってきますが、現在は海外14ヶ国にてサービス展開中で国内展開は未定なんですよね。励みになるので1日1回クリックお願いしますポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ PS4版ファイナルファンタジーVII リメイクペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター独自SSLが年間18,000円。レンタルサーバー『ヘテムル』カラーミーショップチカッパプラン 詳細はこちらシックスコア全国どこでも無料出張・無料査定可!
Source: ☆27歳で札幌在住

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました