スポンサーリンク

ポケモンGO 攻略日記280~交換進化~。

2020年1月11日に、交換進化の機能が実装されましたが…。交換進化の対象となるポケモンは、本編で通信交換の対象であった「ゴーリキー」「ゴースト」「ユンゲラー」「ゴローン」「ガントル」「ドッコラー」「チョボマキ」「カブルモ」の8体ですねそんな訳で、取り敢えずは野生で捕まえた「チョボマキ」同士を家族と交換してみたのですが、そうするとアメを使用する事なく「アギルダー」へ進化させる事が可能となりましたそんな訳で、意外と個体値が良い感じになったのもあって「アギルダー」へ進化させてみましたが…。アメを使用する事なく進化させる事が可能になると、個体値が微妙だと思った場合でも「チョボマキ」や「カブルモ」辺りは図鑑埋めのために気軽に進化させやすくて良いですねまた、以前に捕まえた微妙な個体値の「ユンゲラー」と「ゴローン」がボックス内に残っていた事を思い出したので、これらも家族と交換してみたのですがアメを使用する事なく「フーディン」と「ゴローニャ」へ進化させる事が可能となりましたしかし、この様な2進化のポケモンは1進化の段階でしか交換進化の対象とならないのかどうかが気になったのですが、調べてみるとまだ進化していない状態で交換したとしても交換進化の対象となるみたいですそんな訳で、明らかに今までよりもアメを節約して「カイリキー」や「ローブシン」などの強力なポケモンを作り易くなったという訳ですね【関連ページ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました