スポンサーリンク

PS5のコントローラーと見られるソニーの意匠登録情報を公開。

2019年11月18日に、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが出願していた新たなDUALSHOCKと見られる意匠登録情報が公開されました。(左が公開された情報、右がプレイステーション4のDUALSHOCK 4)特許情報プラットフォームJ-PlatPatの公開情報によると、2019年3月20日に出願された本コントローラーの意匠登録情報ではDUALSHOCK 4をベースに、これまでのヘッドセット端子が存在した部分の機構に変更が加えられている事を確認する事が出来ます。説明書きによれば実線部分がマイク用の集音孔とされ、登録されている図面からはLEDにより発光するライトバーが無い様に見えます。また、2019年10月に同社が海外メディアWiredを通して発表した情報では、充電を行うケーブルの端子はDUALSHOCK 4のMicro USBからUSB Type-Cに変更される事、従来の振動に代わるハプティック技術を搭載して新たにL2・R2に抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーの機構を取り入れる事が明らかにされています。DUALSHOCK 4はあまり評判が芳しくなかった様に思いますが、実際に使ってみた時により使い易くなっている事を実感する事が出来る商品に仕上がっていると良いですね。PlayStation4 Pro ジェット・ブラック 2TBPlayStation4 Pro グレイシャー・

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました